ビタミンはなぜ必要?

ビタミンとは?

からだによい成分として、よく耳にするビタミン

お店に行くと、食べ物や飲み物、日用品にいたるまで、ビタミン配合商品がたくさんあります。

 

でも改めて考えてみると、「ビタミンってなに?」 「入っていないよりは、入っているほうが良い栄養素」ぐらいに考えている方も多いのではないでしょうか

 

しかし、ビタミンは人が生きていくうえで欠かせない物質です。 さまざまな疲れを癒すためにも、重要な栄養素なのです。

 

なぜビタミンが必要?

でも、どうしてビタミンを摂らなければいけないのでしょうか。

 

生きるために必要なビタミンのほとんどは、ヒトの体内では作れない?

 

そもそも人間は、なぜビタミンを摂る必要があるのでしょうか?

 

ビタミンは、人間のからだに不可欠な5大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル)のひとつに数えられるほど、大切な栄養素!

 

生命維持のために欠かせないものなのです!

ビタミンの役割

ビタミンはからだのなかで何の役にたっているのでしょうか

役割の1つは“エネルギーを作り出すサポート”です。

たとえば自動車は、エンジンでガソリンを燃やして、そのエネルギーで走っています。

エンジンがスムーズに動くためには、エンジンオイル(潤滑油)が欠かせません。

 

ビタミンは、ミネラルと並んで、微量でもその役割はとても重要で、 ヒトの体内で三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)の代謝を助ける、 いわば“潤滑油”のような働きをしています。

 

そんなビタミンが不足すると、病気になったり、成長に障害が出たりします。

 

ほとんどのビタミンは体内で作りだすことができません!!

なので、主に食品から摂取する必要があります

 

健康なからだを維持するビタミン

ビタミンの役割、もう1つは“健康なからだを維持すること”

疲れはエネルギー不足だけでなく、筋肉や神経、血行などからだの調子が悪くなることでも起こります。

ビタミンは、そうしたからだの調子が悪い部分を修復したり、抵抗力をつけたりすることで、健康を保つ役割があるのです。

なお、人間にとってのビタミンは全部で13種類ありますが、それぞれはたらきが違います。

また、ビタミンは単独ではたらくわけではなく、そのほかのビタミンや栄養素といっしょになって機能します。

 

そのため、かたよった食生活などで特定のビタミンが足すると、からだの疲れがとれないだけでなく、ビタミン欠乏症という病気になることもあります。

 

なので毎日バランスの良い食事を心がけましょう!!


この記事をシェアする

関連記事