秋の食中毒に注意!

今回は食中毒についてです。 皆様、食中毒と言われたら多くの方が梅雨の時期だと思われるかと思います。 主な理由は三つあります。 ですが実は1番多いのは9〜10月頃の秋が多いといわれています。 食中毒の原因として最も多いのは細菌やウイルスによる感染性のものです
なぜ秋に多いのか。

食中毒、どう乗り越える?

 

秋にはキノコなどの自然毒によるものが増えてきますので注意が必要です。

また、冷凍肉を自然解凍する際に常温で解凍してしまうと食中毒のリスクが高くなるので気をつけましょう。

 

対策

生肉を他の食材に触れさせない為に、肉と野菜、それぞれ専用の包丁とまな板を用意し同じ調理器具を使用しないようにし、

 

加熱調理方法は様々ですが、切り込みを入れたりして中までしっかり火が通ってることを確認しましょう。

 

解凍は使用する前日に冷蔵庫に移しておき準備しておくと楽です!

 

予防と対策をしっかり行い、食欲の秋を楽しみましょう!


この記事をシェアする

関連記事