自律神経って何??

自律神経の働き

自律神経とは、活発時に優位に働く交感神経と、就寝時などのリラックス時に優位に働く副交感神経に分けられます。

 

副交感神経とは、昼間の活動によってたまった疲れや、体に受けたダメージを、睡眠中に修復して、元気な状態に戻すのが役割です

 

正反対のはたらきをする交感神経とバランスよく働くことで、健康と生命を維持しています。

 

副交感神経がしっかり働いてくれれば、翌朝には昨日の疲れもすっかり消え、からだの回復も完了して「今日も元気!」「いつも健康」でいられるのです.

 

しかし・・・ ストレスの多い現代人

長時間の仕事、通勤、パソコン、人間関係のストレス、仕事のプレッシャー、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、テレビ、ゲームなど…

 

ストレスが多いと交感神経ばかりが働いてしまい、副交感神経による「体の修復・疲労の回復」が追いつかず、体が重い、だるい、疲れがとれない、不眠・・・

と、不調を抱えてしまうのです

自律神経の乱れによる諸症状

副交感神経を働かせるにはどうしたらいいの?

 

①ゆるやかでやさしい刺激が有効とされます

例えば、マッサージをしてもらうぬるめのお風呂への入浴アロマテラピーなど匂い成分がもたらす刺激などがよく知られています 筋肉がほぐれて

深いリラックス状態(副交感神経)に切りかわり、眠りも深くなって、体の回復もはかどります。

 

 

 

②スポさかでは、副交感神経を正常に働かせ、心地よく、上質な休養が得られる リカバリー商品を取り扱っております

「ただ着るだけ」で自律神経のバランスが整い、心身の疲労回復効果が高まり、 免疫力アップストレス減少血流アップ老化防止

筋緊張が緩み可動域をスムーズしてくれます

 

そして朝までぐっすり眠れるようになり、疲れた体をよみがえらせてくれます!!

 

たくさんの患者様にも効果を実感して頂いております。

 

お身体の不調でお悩みの方は、ぜひスポさかにご相談下さい!


この記事をシェアする

関連記事