第3回 投球障害の予防と治療

第3回 投球障害の予防と治療

足のインステップについて

                     
                     
                        
インステップの状態が写真①です。(写真①) 
インステップすると股関節や体幹がスムーズに動かず上肢にストレスが生じ、障害を起こしやすいです。
プロ選手も球筋を見せないように、わざとインステップする選手もいますが障害がおきてる選手もいます。
試合に勝つ為にストレスをかけ続け短命で終わるか、ストレスをかけないで怪我することなく配球等を工夫して長く野球をできるかは指導者にかかってきます。
インステップの治し方の1つとしてステップする足を真下に下ろす事で予防できます。
写真②がその図です。インステップする方は実践してみて下さい。

正しいフォーム

              
           
              
             
         
股関節と体幹をしっかり使うことで下肢~上肢にかけての
全身運動がしっかり行え、
全身で球を投げる事で上肢への負担が軽減します。
写真が上体が突っ込んで股関節、体幹が使えず手投げになりやすい状態です。
治し方が両足を着けた状態で、右足~左足、股関節、体幹の重心の移動軸を意識します。反復練習すると体になじんできます。この時に股関節の動きと、体幹の捻りをしっかり意識して下さい。その状態が写真です。 

正しいフォームを身に着ける練習

 

(写真①)       (写真②)

 

 

肩肘を怪我する選手に多いのが肩甲骨面より肘が背中の方に入ってしまうのです。写真①がその図です。(写真①)
この状態を治すには背を壁に向け、肘が壁に当たらない様に練習し意識は胸の前で卵を割るイメージで肘を肩の高さまで持っていくようにします。写真②がその図です。

 

 

今回で最終回になりますが、怪我を予防するには違和感、痛みを感じた時点で無理せず病院を受診し、投球指導や理学療法を受けることが大切です。書ききれなかった事も沢山ありますが少しでも投球障害が無くなることを願います。


この記事をシェアする

関連記事