薬の危険性

たくさん飲めば良いものではない!

薬を日常的に飲まれている方は要注意!!

 

頭痛、生理痛、腰痛など飲まなければならない時もあると思いますが、 服用し過ぎはカラダに良くありません。

 

薬も使い方を間違えたらにもなります。

 

クスリは反対から読むとリスクです。

 

 

 

どんなリスクがあるのか

例えばロキソニン!

痛みがある時皆さん良く使うのではないでしょうか?

ロキソニンにも副作用があります。

飲んでも「副作用なんて出てない」と そんな風に言う方もいらっしゃいますが

そんな方でもカラダの中は悪くなっていきます。

特にどこが悪くなるかと言うと、【腸内環境】が悪くなっていきます。
腸内環境が悪くなると現れる症状

薬で全部治るって思っていませんか?

 

薬は痛みを和らげてくれたりします。

 

ですが、根本の原因は治っていません。

 

ギックリ腰で腰を痛めて薬と湿布だけで「治った」と言う方もいますが、何度もギックリ腰になっていませんか?

 

なっている方が多いと思います。

 

結果、薬頼みだと痛みを先延ばしにしているだけなので、また同じ症状が出ます。

 

根本の「原因」を治し、薬に頼りきりの生活から健康な状態を目指しましょう!!

 

自分が薬を多用しているなと言う方がいましたらご相談下さい。


この記事をシェアする

関連記事