血管がゴースト化している⁉

毛細血管について

今回は毛細血管についてです。

アンチエイジングの新常識として注目を集める“毛細血管”。

小ジワやシミ、たるみ、くすみ、白髪 といった 老化や、便秘、冷え といった体の不調は
毛細血管の衰え=ゴースト化 が原因なのだそうです。

逆を言えば、毛細血管を若い状態に保つことができれば、いつまでも若く、そして健康でいられるということです。

“ゴースト血管”とは?

“ゴースト血管” とは、血液が流れなくなった血管で、その状態が続くといずれ消えてしまいます。

毛細血管には隙間があり、その隙間から血液成分が微量に漏れ出すことで周辺の細胞に酸素や栄養を届けています。
そのため、毛細血管がゴースト化してしまうと、酸素や栄養を絶たれた細胞が死に、健康や美容に重大な問題を引き起こすことが分かってきたそうです。

以前から、 ゴースト化の指標 である毛細血管の 長さは年齢とともに短くなる ことが知られていましたが、個人差が非常に大きく、 20代や30代の若い世代でも毛細血管がゴースト化 している人がいることが分かったそうです。

 

こんな症状は毛細血管の衰えのサインです
・肌の乾燥やごわつき、くすみが気になる    ・肩こり・首こり
・抜け毛や白髪、髪のパサつきが気になる    ・免疫力の低下 (風邪をよくひくなど)
・舌の裏が暗褐色〜紫色になっている      ・消化器官の不調 (胃もたれ・消化不良など)
・目が充血している 目のかすみドライアイ   ・冷え性 (手足の指先、体が冷える)
・爪が欠けやすく、表面に凸凹がある

 

人の体の中にある臓器は、血管から送られる血液がなければ正しい働きをしてくれないので、毛細血管の死滅は直接的な不調につながる要因となるのです。

まず大事なのは、“ゴースト血管”の原因となり得る生活習慣 を改善することです。
中でも最大のリスクである 「糖質の過剰摂取」 をはじめ 、「高血圧」や「運動不足」、「睡眠不足」 を避けることが基本です。

 

毛細血管は比較的簡単に死滅してしまいますが、「再生能力」もあります。

生活習慣や食生活などを改善すると、 一度失っても徐々に蘇ってくるのです。

総合的にいうと、日本人が古くから食べてきた和食を中心とした食事が理想です。

★食生活で毛細血管を増やす ・暴飲暴食をやめる(腹八分目にする) ・動物性脂肪や乳製品の摂取を減らす ・野菜をメインとした献立に変える ・飲酒量を減らす ・糖分とカロリーの摂取を減らす
★睡眠の質を高める 睡眠の質が悪く体内時計が狂ってしまうと、体が不調に陥り脳の働きもおかしくなります。 すると自発的なストレスが生まれ、それが血流を悪化させます。 体にストレスを受けると、体内では 活性酸素 という毒物が生まれ、それが血液に悪い影響を与えます。 人の血液は ストレスを感じただけで”ドロドロ” の状態になることが分かっているのです。

ストレスケアも血流改善には効果的ですが、基本となるのは  質の高い睡眠 と
食習慣 が大切です。
ストレスをきちんとケアすることができれば、血流は良くなり毛細血管の蘇生にもつながります。
健康のために、まずは出来ることから始めて下さい!!


この記事をシェアする

関連記事